堺市あおり運転 殺人罪で中村精寛容疑者を起訴 ドライブレコーダーで殺意立証


堺市あおり運転死亡事故.jpeg


あおり運転、100キロ近くで追突か 逮捕の警備員、きょうにも殺人罪で起訴へ- 記事詳細|Infoseekニュース

 堺市南区であおり運転のうえ前方のバイクに追突し、運転していた男性を死亡させたとして、殺人容疑で逮捕された警備員、中村精寛(あきひろ)容疑者(40)が時速100キロ近い速度でバイクに衝突していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。いったんバイクに追い抜かれてから急加速し、ほぼ減速せずに追突…



堺市あおり運転死亡事故現場.jpeg
↑現場写真



堺市あおり運転死亡事故1.jpeg


​​殺人容疑で逮捕された警備員、​中村精寛(あきひろ)​容疑者(40)が時速100キロ近い速度でバイクに衝突した​​



追突された高田さんは頭の骨を折るなどして死亡した




堺市あおり運転死亡事故2.jpeg


事故直後に「はい、終わり」…あおり運転、詳細ドライブレコーダーで殺意立証- 記事詳細|Infoseekニュース

 神奈川県の東名高速道路で夫婦が死亡した事故をきっかけに、大きな社会問題となっているあおり運転。警察庁は今年1月、危険運転致死傷罪や暴行罪などあらゆる法令を駆使して取り締まるよう全国の警察に指示したが、殺意の立証が必要となる殺人罪が適用されるのは極めて異例だ。 堺市の今回のケースで、大阪府警の立件…


​これが犯人の​​中村精寬(あきひろ)↓​​​

中村精寬.jpeg














にほんブログ村 ニュースブログへ



この記事へのコメント