アイドル自殺 辞めたらぶん殴る 1億円払え 大本萌景さんを追い詰めたのは誰だ


ご当地アイドル自殺で提訴へ=松山の遺族「過重労働」訴え- 記事詳細|Infoseekニュース

 愛媛県を中心に活動するアイドルグループのリーダーだった大本萌景さん=当時(16)=が自殺したのは過重労働などが原因として、遺族が12日、所属事務所などを相手に計約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こす。11日、東京都内で会見した母幸栄さん(42)らは「真実を知りたい」と訴えた。 訴…




2015年、松山市の芸能事務所「Hプロジェクト」に入り、

16年から農業応援アイドル「愛(え)の葉Girls」のメンバーとして活動していた

大本萌景(おおもとほのか)さんが自殺に追い込まれた理由



なかなか休みが取れず、事務所を辞めようとしていた萌景さんは

社長から「辞めるなら1億円払え」と言われたと悩んでいた

萌景さんは事務所から学費を借りて全日制高校に入学する予定だったが、

借金の約束をほごにされ、直後の今年3月21日、松山市の自宅で自殺

今晩のゼロで会見を見たが、

約束を破られ全日生高校へ行けなくなったのが一番大きい​

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








未成年なのに、労働時間が早朝や深夜に及んでいた上、

大本さんがグループから脱退する意思を示すと、

会社の従業員からSNSで

寝ぼけたことを言いだしたらマジでブン殴る

などとパワハラにあたるメッセージを送られた
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓